j-styles

中国市場進出コンサルティング

1、中国市場リサーチ・調査

ICPを有するインターネットサイト「アジアオンライン」を使って

日本製品などのサンプルリサーチやトライアル販売などを行えます。

日本企業様のターゲット層に対するアプローチやその他ターゲットへの

マーケティング調査を低コストで確実に行えます。

独自インターネットサイトを使用するので地域や年齢層などをこちらから特定できるのがポイントです。

 

2、中国販路の促進、代理店の構築・紹介

中国は莫大な市場を持っているのはご存じの通りです。

4億2千万人とも言われる中国にインターネット利用者に対して

当サイト「アジアオンライン」を利用してBtoCビジネスはもちろん、

中国全域の企業へBtoBビジネスの構築,紹介、提携を行えます。

 

3、経営コンサルティング、人材派遣など

共同運営のハルビン東森科技発展有限公司により

中国現地の専門家と共に法律・経営の二つのサポート。

中国展開・進出の成功に寄与いたします

また現地また日本での必要な人材(日本語対応スタッフ)の斡旋も可能です。

 

4、中国向けSEO,SEM代行マーケティングサービス

中国語(簡体字)での検索エンジン対策(SEO)とリスティング広告対策等(SEM)を提供しております。中国の検索エンジンはBaidu(百度)のシェアが高く、影響力を持っています。そのような場合には、SEO対策によってサイトを上位表示させるだけでなく、リスティング広告も併用する事をお勧めしています。検索数の調査から最適なキーワードの選定、広告の作成までトータルに提供します。 

 

5、翻訳サービスのご提供

中国顧客はネット上で商品を購入する際、サイト運営者の信用性を重視します。「アジアオンライン」では中国人スタッフによる、ネット特有の言い回し等を踏まえた売上に繋がる翻訳を提供します。

 

よくあるご質問についてはこちらもご参考ください

   

中国市場進出についての良くある質問Q&A

Q.【一般】中国進出を検討していますが、まず何をしたら良いでしょうか?

 

A.「販売商品(サービス)」が決まっているのであれば、法的な調査、市場ニーズ調査、競合調査などから始めます。当社はビジネスサイト「アジアオンライン」を 使って事前に商品サンプリングやマーケティング、テスト販売などを日本国内にいながらサイトでの調査が可能です。

その後に現地視察を行うと、非常に効果的です。

一方、売りたい商品が決まっていない場合や、新規事業を予定している場合には、まず中国視察をしてみるとヒントを得られることがあります。またインターネットを使ったトライアル販売なども有効な方法です。

 

Q.【一般】上海や北京などは、すでに日系企業大手や欧米の大手企業が進出している激戦区だと聞きます。中小企業に進出の余地はあるのでしょうか?

 

A.「販売商品(サービス)」が決まっているのであれば、法的な調査、市場ニーズ調査、競合調査などから始めます。当社はビジネスサイト「アジアオンライン」を 使って事前に商品サンプリングやマーケティング、テスト販売などを日本国内にいながらサイトでの調査が可能です。

その後に現地視察を行うと、非常に効果的です。

一方、売りたい商品が決まっていない場合や、新規事業を予定している場合には、まず中国視察をしてみるとヒントを得られることがあります。またインターネットを使ったトライアル販売なども有効な方法です。